トイレリフォームと配管の劣化

トイレリフォームを希望する家庭の中には、劣化が始まってきたために修理ではなく今後長く使い続けられるように交換してしまおうと考えるケースもあります。特に配管の部分で劣化が進んだことをきっかけにして、工事を希望する世帯が多くなっています。

■配管の水漏れ

トイレの異変をきっかけにしてリフォームの相談を業者に持ち込むケースは少なからずあります。その中でも水漏れが発生したことでトイレの交換を考える人が多いです。配管のつなぎ目のナットの緩みやゴムパッキンの劣化で水が漏れ出すこともあり得ます。修理で直る場合もありますが、寿命が近づいているのであれば交換して新しいものを導入するのも一考です。


■配管の寿命はどのくらいか

トイレの配管の寿命は使い方や使用環境によって異なりますが、大体7年から10年といわれています。もしこれだけ使い続けて水漏れなどのトラブルが発生しているようであれば、リフォームも検討してみましょう。ちなみにこの時期、ほかの箇所でもいろいろと不具合の生じる危険性が高まります。例えばウォシュレットなども10年程度が寿命とみられています。10年以上同じものを使っているのであれば、交換も視野に入れましょう。


■まとめ
配管をはじめとして、トイレも長年使い続けていると劣化して、いろいろと問題が発生しやすくなります。もし気になる症状があれば、トイレリフォームをはじめとして専門業者と相談しながらベターな方策を講じましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ