和式から洋式へのトイレリフォーム

築年数の古い昔ながらの日本家屋の場合、自宅のトイレが和式というケースもあるでしょう。もし洋式トイレにリフォームしたい場合には、可能な場合とそうでない場合とがあります。今回は洋式へのトイレリフォームについてみていきます。

■バリアフリーで人気に

和式便所の場合、しゃがんで用を足す必要があります。若いころはまだいいかもしれませんが、年齢を重ねて足腰が弱くなるとなかなか厳しいものがあります。そこでバリアフリーの一環として、洋式便所へのトイレリフォームを行う場合もあります。プラスして和式からの変更は、衛生面でも改善効果が期待できます。もし和式で用を足すのが大変と感じているのであれば、このようなリフォームを検討してみる価値があります。

■リフォームするにあたっての注意点

もし和式から洋式に変える場合、いくつか注意すべきことがあります。まずは設置可能かどうかです。和式と比較して洋式の方がサイズは大きくなります。スペースによっては、設置できないことも考えられます。また大掛かりな工事になる可能性が高いです。便器や床、壁などを解体して、配管を移動させて内装工事を行わないといけません。費用もそれなりにかかる可能性が高いので、見積もりを出してもらうことです。

■まとめ
和式便所は築古物件でも今なおみられるスタイルです。もし大変だと感じているのであれば、今どきの洋式便所にスイッチすることも検討しましょう。しかし可能かどうかは場合によるので、業者と相談することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ